つかの間の休日

こんにちは、吉岡です。

連休に息子夫婦、孫たちと京都の比叡山に登ってきました。

景色も長さも日本一のケーブルやロープウェーも多くの人で、見ることが少なかった延暦寺をはじめ寺巡りをしてきましたが、急な坂道や石段が多くて年を感じました。

子供たちに感謝しています。


和生活マガジン「花Saku」掲載

こんにちは、遊絲舎です。

記念すべき令和元年5月1日発行の「花SaKU」に掲載いただきました。

丹後の染織特集で、たくさんの丹後の職人さんたちが紹介されています。

昨年、ちょうど藤の花が満開になったとき、2日間に渡り丹後を撮影、取材され、一年越しの発行です。

表紙は、「藤の郷」の満開の藤棚の下で。

きものは、丹後の海をイメージして染め上げられた、小林染工房の小林さんの作品です。

帯は、丹後の冬をイメージした雪輪の柄の遊絲舎の作品です。

 


藤の蔓の皮むき

こんにちは、松本です。

長いゴールデンウィークも終わり、みなさんは五月病になられていませんか。

 

私どもの会社は30日、1日、2日は仕事で、この3日間は工場を片づけたり、糸の整理をしたりしていました。

糸の種類にビックリ!!

 

そして初めて藤の蔓の皮むきをさせていただき、一つの蔓を剥くのに手こずりイライラ。

何本かするうちに早くできるようになったものの、自分の不器用さに情けなくなりました。

1本の帯ができるまでにはいろんな大変さ、苦労があるのだなぁと思いました。

 


衣のまほろば 藤の郷

こんにちは、小石原朱美です。

先日の日曜日、藤の郷の草取り・草刈りをしました。

午前9:00からお昼まで、汗びっしょりになりながら6人で頑張りました。

 

5月5日は藤まつりを藤の郷でします。

中学生のブラスバンド・オカリナの演奏会・模擬店・飲み物の販売・クイズなど、楽しいことがいっぱいです。ぜひお越しください。

キャメルと一緒に待っています。

 


今年最初の藤伐り・藤剥ぎ

こんにちは、中井です。

新五千円札の裏に藤の花が描かれるとのこと。お札の色もきれいな藤色のようで、なんだかとても嬉しくなりました。

さて、うちの藤も芽を出しはじめたこの頃、今年最初の藤伐りをしました。

山へ入り藤の蔓を伐り、乾かないうちに皮を剥ぎます。

木槌でたたいて芯からはがして、鎌を使って鬼皮を剥いでいきます。

伐りたての皮は水分を含んでしっとり柔らか。芯も、柔らかいうちは簡単に曲がります。

この中皮を乾燥させて保存しておき、都度都度灰汁炊きをしていきます。

良い藤糸になりますように。

 


天橋立

こんにちは、小石原充保です。

寒い冬が終わり、日本各地で春が訪れ出しましたね。

花見をしたり、皆さん楽しんでる事でしょうね。

丹後には日本三景にもなってる天橋立があります。

最近では観光客の人も増えて賑わいがあります。

少し前ですが飛行機に乗った時たまたま丹後半島の上空を飛んだことがあります。

不思議な感覚…

もちろん自分の家も探しましたが当たり前ですが見つからず(笑)

さぁ、まだまだ春を楽しみましょう♪

 

 


第3回「衣のまほろば 藤まつり」

こんにちは、小石原将夫です。

今年の「藤まつり」が5月5日(日)に決定しました!!

縁あってあしかがフラワーパークから遠く離れたこの丹後の地に来た大藤の子藤が、

地域の方々をはじめ多くの皆様の愛情を受けながら4年前に初めて花をつけて以来、一年一年花房も長くなってきました。

今年は京都府と京丹後市の後援(予定)も頂き、来月5日藤まつりが開催される運びとなりました。

ささやかな祭りではありますが、御都合のつかれる方は是非一度足を運んでいただければ幸いです。

「衣のまほろば藤の郷を育てる会」一同、お待ちしています。

 

藤の郷については遊絲舎HP内の下記ページに掲載しています。

http://www.fujifu.jp/wisteriawisteria.html

 

2日、3日前は青森の八戸で粉雪舞い散る「雪の華」に出逢い、今日は福岡の小倉で春爛漫「桜の花」に出逢いました。


鉄道ぶらり旅

こんにちは、野口です。

今月、友人2人と日帰りで「鉄道ぶらり旅」を金沢の兼六園までいってきました。

「JR青春18きっぷ」で一日中で2370円で、日本全国のJR線の普通、快速列車及びBRT、ならびにJR西日本宮島フェリーに自由に乗り降りできるきっぷです。

朝、7時07分発 西舞鶴駅~東舞鶴~(23駅)敦賀~(11駅)~福井~(20駅)~金沢駅 12時42分着の、長~い行程です。

兼六園は少し寒かったです。


とある従業員のグダグダな休日レポート

ドーモ、とある従業員デス、春の足音が聞こえてきそうな昨今、皆様いかがお過ごしでしょうか。

ちなみに私はとある日曜日、グルメ本を片手に舞鶴市内をうろついてきました。

先ず西舞鶴駅前にある「フォレスト」という食堂で昼食をとりました。

この食堂は過去にテレビ番組に取り上げられたこともあり、行列こそ無かったのですがほぼ満席状態でした。

ここで名物料理の「肉じゃがオムライス」なるメニューを注文しました。

いくら舞鶴が肉じゃが発祥の地とは言っても、なんでもかんでも肉じゃがを入れればいいってものじゃないだろう・・・と思っていましたが、意外といい感じでした。

その後東舞鶴へと移動して街なかを散策し、「坂井精肉店」なるお肉屋さんに寄って肉じゃがコロッケとカレーコロッケを購入。注文してから揚げ始めるので出来上がるまで待つ必要がありますが、出来立てほやほやのコロッケは大変おいしゅうございました。

他にも行ってみたい場所はまだまだたくさんありますが、また後日にして夕方には帰宅しました。

今度はいつどこへ行こうかなと思います。

朝、昼の寒暖の差が激しくなってきた気がしますが皆様もお身体にはお気を付けください。

では、オタッシャデー!


冬の終わり

こんにちは、白岩です。

この冬一度も雪が積もる事なく3月になりました。

 

工場もいつもの年ならいっかいストーブにあたるとなかなかその場から離れられないのですが、今年はそういう事もほどんどなく、カイロを持つ事もなく、手の指のヒビ割れもなく。(ヒビ割れに糸が入るとすごく痛いんです)

そう思うとこの冬は仕事も捗ったのではないかな(?)と思います。

寒いのが苦手な私にとって過ごしやすい冬でした。

 

30年以上あたってきたコークスのストーブもこの冬で終りだそうです。


« Older Entries