Category Archives: 丹後

丹後の春

こんにちは、白岩です。

4月に入り私の好きな季節になりました。と、言っても今年はコロナの流行でなかなか清々しい気分にもなれませんが、丹後の春の風景に心癒されます。

新型コロナが1日も早く収束し、1日も早く経済が回復しますように!!

今一番の願いです。

 

新型コロナウイルス

こんにちは、吉岡です。

毎日テレビ、新聞などで新型コロナウイルスのニュースが多いです。

2月頃には少なかった感染者がどんどん増えていきました。

今は丹後地方にはまだいませんが不安です。

学校も休校が24日まで伸びました。

 

写真は灰ふるいです。

より細やかな灰をつくっています。

春の息吹

こんにちは、小石原朱美です。

福田川の土手や田んぼの畦道には、つくしが一杯芽を出しています。

雛祭りが過ぎても寒い毎日。この前は大きな霰が降っていました。

薄手の上着では寒くて、綿の入ったジャンパーを又出して着ています。

暖かい春はいつくるんでしょうか。

新型コロナウイルスが流行しています。お互いに手洗いをして気をつけましょう。

芸術新潮の取材で檀ふみさんご来房

昨日16日(日)に芸術新潮の取材で女優の檀ふみさんが来房されました。

とても気さくで緊張感を感じさせないさわやかな方でした。

檀さんで思い出すのは、弊社の帯「藤糸あそび」を出雲絣に合わせて着装された檀さんが、2002年春号の「きものサロン」に掲載されたことです。

藤布の帯を創りはじめて間もない頃のことでした。

その時とても感動したことを覚えています。

藤の花の咲く頃の出版を今から楽しみにしています。

小石原 将夫

 

あっという間の撮影でした。

丹後のメーカーを2泊3日で巡るトップバッター。

着いて早々お疲れだったでしょうが、自然体で嫌味のない好奇心旺盛な方でした。

目の前で普通に化粧直ししてましたし。(言っていいのかな…笑)

裏方のカメラマンさんも凄い大変そうでしたが、素敵な写真が出来上がりますように。

小石原充保

 

とても素敵な方でした。

色紙にサインをお願いすると、嫌な顔もしないでサラサラ。

家の愛犬の頭をなでたり、声をかけていただいたり。

素敵な檀ふみさんの隣に座り、みんなで記念写真を撮りました。

小石原朱美

 

姪っ子と機音

こんにちは、白岩です。

今年は家族そろって地元の神社とお寺に初詣に行くことができたので、この一年いい年になりそうです。

このあいだ加古川の姪っ子が来ていて「外を歩いていたら、はたの音がしてたでー。織っているとこが見たくなった」って言ってました。

子供の頃、私の実家で見たのが懐かしくなったのだろうと思いますが、ちょっとでも機織りに関心があるのかなと思うとうれしいです。

今年もあせらずイライラせず気分よく仕事をして、いい製品を織っていこうと思います。

令和二年

あけましておめでとうございます。

遊絲舎は本日より仕事始めでした。

今年は、帯だけでなく、いろいろなかたちで藤布の魅力を発信していけたらと思っています。

本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

 

 

令和元年の年の瀬に...

あわただしい年の瀬となりました。

一年がアッという間に過ぎました。

家のうち・そと、国の中外共にいろんな事があり、いろんな事が起きました。

そんな事、こんな事、歳のせいか年々強く思う様になったと感じる昨今です。

 

年末を迎え、今年一年大変お世話になった皆様に感謝申し上げると共に

健康ですこやかな新しい年を迎えたいと思います。

 

皆様本当にありがとうございました。

来年も又、どうぞ宜しくお願い致します。

 

令和元年 師走

小石原 将夫

晩秋の丹後

こんにちは、小石原朱美です。

家の近くのバイパスに何十本もあるイチョウの木は黄色に色づき、とてもきれいです。

散ってしまって淋しい木もあります。

雨の降らない日はキャメルと散歩です。

すぐに寒い冬が来ます。

キャメルと一緒にブルブルと震えながら春を待ちます。

« Older Entries