沿革

明治中頃小石嘉織物ちりめん製造を始める
1986年丹後藤織り技術の伝承活動を始める。
1991年京都府「無形民俗文化財」指定-「丹後の藤織り」
1998年丹後の藤布「遊絲舎」設立
2000年第20回海の祭典「藤布あかり」天皇両陛下お買い上げ
2001年京都府「伝統工芸品」指定-丹後藤布
2005年「日本におけるドイツ年2005/2006」シンポジウム参加
(日欧文化芸術交流推進委員会メンバー)
2006年
  • ミラノにてLL事業テキスタイル商談会出展
  • ブリュッセル(ベルギー)・パリ(フランス)にてジャパンブランド丹後テキスタイル展 出展
  • ベルギー王立美術館にて展示(帯地ドレス4点)
  • 2007年
  • NHK「新日本紀行ふたたび」出演
  • パリにてジャパンブランド丹後テキスタイル展 出展
    ※~2011年まで毎年出展
  • 2008年ロンドン大英博物館で「日英国交150周年記念レセプション」にて藤入りのドレスを発表
    2009年衣のまほろば「藤の郷」開園
    2011年プルミエール ヴィジョンの第1回メゾン・デクセプションに招待出展(パリ)
    以降、2017年 第6回メゾン・デクセプションまで連続招待出展

    受賞・認定

    2000年「京都府織物卸商業組合理事長賞」受賞 袋帯「丹後王国の雅」
    2001年「全国地場産奨励賞」受賞 袋帯「森響文」「藤布あかり」「藤布財布」
    2006年小石原将夫「きもの文化賞」受賞  (財)民族衣装文化普及協会)
    2010年小石原充保「京もの認定工芸士」認定  (京都府)
    2017年
  • 「中小企業庁長官賞」 袋帯「青のさざめき」
  • 「京都中小企業優良企業(モノづくり部門)」受賞(京都府)
  • 小石原将夫「森の名手・名人(伝承文化部門 藤布)」 認定
  • 所属

    丹後織物工業組合
    丹後藤織り保存会
    丹後藤布振興会
    京都府物産協会