Monthly Archives: 10月 2018

秋祭り

こんにちは、中井です。

10月最後の週末、地元のお祭りがありました。

いくつになってもワクワクします!

こちら丹後地方でお祭りのごちそうといえば、甘辛いサバのおぼろがのったばら寿司。

小さい頃から大好きで、年に一度のお楽しみです。

このばら寿司で有名なとり松さんは、京都展でもよくご一緒になりますが、実は遊絲舎から歩いて10分もかからないご近所さんなんです。

ばら寿司以外にもたくさんメニューがあって、落ち着いた雰囲気で美味しいお食事がいただけるお店です。

とり松さんのHPより、画像お借りしました。

札幌羽田そして大分へ

こんにちは、小石原充保です。

催事シーズンも佳境を迎えてきました。

たくさんのご縁を頂きながら北へ南へ。

先日、さっぽろ東急さんの催しを終え、大分トキハさんへ。

千歳からの直行便がないため、羽田経由。

札幌は生憎の雨でしたが、羽田乗り換えの際は晴れ。

乗り換え時間が短いため全日空の社員さんが飛行機の出口で、「小石原さんですか?ここからは私が誘導します」ってことで、通常の乗り換えルートではなくスーパーショートカットルートで。楽々乗り換え完了。

雲海の中に写真ではわかりづらいですが富士山も見れましたよ♪

定刻通りに大分空港に着きバスで大分駅に。

 

搬入も終わり、本日初日を迎えます。

大分トキハ8階催し場「京都展」

10月25日~31日までです。

舞妓さんも三日間来られるのでお近くの方は是非♪

 

追伸 札幌から大分までの直線距離は約1400キロでした。

平成30年 秋の一日

こんにちは、小石原将夫です。

昨日は宮崎空港のブーゲンビリア空港から北海道の帯広空港まで、東京の羽田で乗り継ぎはしたものの、一気に日本列島を駆け抜けた一日でした。

宮崎では今回も多くの方々とのお出会いや御縁を頂き、その地方の歴史や文化、営みにも触れさせてもらいました。

こんな貴重な経験ができる事に、いつも感謝です。

空から見た北海道はもう紅葉でした。

孫じまん

こんにちは、野口です。

孫娘が10月8日の京都新聞(子ども作品)の欄に習字が載っていたので驚きました。

人生六十数年生きていますけれども、一度なりとも新聞に載ったことはありません。

今後、孫たちに何か誇れるような事ができればいいなと思っています。

 

本日は曇り空。灰汁炊き中です。

とある従業員のグダグダな休日レポート

ドーモ、とある従業員デス。

季節の変わり目のせいなのか、暑くなったり涼しくなったり、朝昼の寒暖の差が激しかったりと身体の休まる暇もない感覚に陥りそうな昨今、皆様いかがお過ごしでしょうか。

ちなみに私は九月のとある休日に車でぶらりと走り回ってきました。隣の県である兵庫県の豊岡市を通り抜けて国道312号線を走っていると辻井養蜂場なる建物を発見、立ち寄ってみるとどうやら蜂蜜を取り扱っているようです。

色々な花の蜜があり、蜜の色もけっこう多い(例えば蕎麦の花の蜜はかなり黒っぽい)

あと、純国産の蜂蜜ということもあり、お値段もお高め。

そこいらのスーパーなどに普通に売られている蜂蜜と比べておなじ内容量でおよそ倍から三倍ほどの値段をしていました。

とりあえず寒くても固まりにくいと店員さんに聞いたアカシアの花の蜜を購入。色々使って食べてみたいと思います。

最近休みの日に限って台風などで天気が悪くなるような気がしますが、皆様も災害などにはくれぐれもお気をつけてください。

では、オタッシャデー!