Category Archives: 藤の花

藤の郷2016

こんにちは、遊絲舎です。

今日5月20日は二十四節気の小満。

生きとし生けるものすべてが陽光の恵みを受け、命が満ちて輝きだす活気のある季節なのだそうです。

今日の丹後はスカッと快晴で、まさに小満といったお天気でした。

 

さて、もうすっかり時期もはずれてしまいましたが、「藤の郷」の満開の藤のようすを。

藤の郷の藤③ 藤の郷の藤② 藤の郷の藤①

 

今年は、塚本こなみ先生のご指導のもと剪定を行った甲斐もあり、過去最高の花を咲かせました!

3枚目の、青々とした緑いっぱいの藤は、糸のつくる藤です。

 

3月には地元の中学生のみなさんをはじめ、いろんな方にご協力いただいて花壇を作ったり植樹をしたりと、

藤の郷も充実してきています。

s_P5021036 s_P5041117

 

ただいま、2催事に出展中です。

名古屋三越栄店に代表・小石原将夫がおり、(~23日)

京王百貨店新宿店に5代目・小石原充保がおります(~25日)

ぜひお立ち寄りくださいませ。

藤の花が満開です!

こんにちは。遊絲舎です。

工房前の藤が見事に満開になりました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今年の花は一際きれいに咲きました。

淡い紫色は、品があって本当に美しいです。

春風にのって漂う甘い香りに、またうっとり。。

 

この藤は、藤の郷に植えている藤の親木で、俗名アカフジといい、

藤布の最後の伝承者である光野タメさんが、藤布には一番適したフジだと仰っていたものです。

(万葉植物は、名前をカタカナで表記します)

 

野山に自生するアカフジの蔓を伐り、たくさんの工程を経て、力強くしなやかな藤布をつくっています。

 

藤布ができるまでの工程はこちらをクリック!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

藤の郷

藤の郷の藤棚は改良工事の為、株を残して全て切り、藤へぎをして中皮を取り出しました。4年間の時の流れをしみじみ感じます。
ほんと、色々な方のご尽力の賜物です。
今後とも宜しくお願いします!

image

したしと藤のお手入れ

藤の郷でまだ若い芽を摘みました。したしにしてみました。

しゃきしゃきと歯ごたえがありとてもおいしいです。

お酒のお供にいかがですか?

ツタの絡まるチャペルではないですが、

藤の蔓も延びてきます、竹のてをしてみました。後ろのほうには、ぴらぴらとツバメの防止作戦。

いかがですか。

藤の実

久々に青空を見せた丹後で、今日は山に入り藤の実をとってきました。藤の実は知らない人もいるでしょうが、結構大きく昔は食用にも使われたとか。お客様の中にもそんなお話をしてるれる方もいらっしゃいます。高枝伐り鋏でたくさんとってきました。何に使うかは未定ですが・・・

その後は、藤の郷に行き、藤を絡ませていた紐が切れたものの修正。これが地味にめんどい。日も落ち作業も終わらせましたが、まだまだ紐切れるんだあろなぁ。明日からはまた天気悪いみたいですが頑張ります。

台風

先日  藤の蔓を支えている麻縄が

切れていたので数ヶ所なおしました☆

ところが・・・ 台風で もっといっぱい

切れていました(泣



が、藤は とっても元気な様子で

一安心♪♪

次回は・・・

もう一度 麻縄つけです(トホホ



藤の郷と研修

先日、藤の手入れに来ました。

曇り空ですが、爽やかな風が吹いて

良い気持ちです。

長く伸びた蔓を切ったり、絡まった蔓を外したりして

汗びっしょりです。


午後からは、着付け教室の7名の先生達が、

研修に来られました。

皆さんお着物姿で、とても素敵でした。

手機で栞を織ったり、組紐で携帯ストラップ作りに

奮闘して居られました。

皆さんお上手で感心しました。

又来てくださいね!

« Older Entries