Author Archives: yushisha

平成30年 秋の一日

こんにちは、小石原将夫です。

昨日は宮崎空港のブーゲンビリア空港から北海道の帯広空港まで、東京の羽田で乗り継ぎはしたものの、一気に日本列島を駆け抜けた一日でした。

宮崎では今回も多くの方々とのお出会いや御縁を頂き、その地方の歴史や文化、営みにも触れさせてもらいました。

こんな貴重な経験ができる事に、いつも感謝です。

空から見た北海道はもう紅葉でした。

孫じまん

こんにちは、野口です。

孫娘が10月8日の京都新聞(子ども作品)の欄に習字が載っていたので驚きました。

人生六十数年生きていますけれども、一度なりとも新聞に載ったことはありません。

今後、孫たちに何か誇れるような事ができればいいなと思っています。

 

本日は曇り空。灰汁炊き中です。

とある従業員のグダグダな休日レポート

ドーモ、とある従業員デス。

季節の変わり目のせいなのか、暑くなったり涼しくなったり、朝昼の寒暖の差が激しかったりと身体の休まる暇もない感覚に陥りそうな昨今、皆様いかがお過ごしでしょうか。

ちなみに私は九月のとある休日に車でぶらりと走り回ってきました。隣の県である兵庫県の豊岡市を通り抜けて国道312号線を走っていると辻井養蜂場なる建物を発見、立ち寄ってみるとどうやら蜂蜜を取り扱っているようです。

色々な花の蜜があり、蜜の色もけっこう多い(例えば蕎麦の花の蜜はかなり黒っぽい)

あと、純国産の蜂蜜ということもあり、お値段もお高め。

そこいらのスーパーなどに普通に売られている蜂蜜と比べておなじ内容量でおよそ倍から三倍ほどの値段をしていました。

とりあえず寒くても固まりにくいと店員さんに聞いたアカシアの花の蜜を購入。色々使って食べてみたいと思います。

最近休みの日に限って台風などで天気が悪くなるような気がしますが、皆様も災害などにはくれぐれもお気をつけてください。

では、オタッシャデー!

秋の訪れ

こんにちは、白岩です。

朝晩涼しく過ごしやすい季節になりました。

ほんの数日前まで仕事の帰り道、夕日がまぶしく車の運転がしづらかったのに、今はもううす暗くなって…

息子たちが家を出てから、日が短くなっていくこの時期になるとすごーく寂しくなっていきます。

やっぱり私は暑くても夏の方が好きです。

 

私が仕事をはじめたのもこの時期で、ちょうど丸30年になります。(その頃は秋が好きでした)

30年もすると…

何年たっても神経を使い、気を使う仕事です。

ランチバイキング

こんにちは、松本です。

暑い8月も終わり、9月に入り、朝晩が涼しくなってきましたね。

9月に入ってからは、晴れの天気は続かず曇りや雨の日ばかり続き、私の心も憂鬱気味...

 

そんな時、主人からランチバイキングに行かないかと言われ、気分転換で16日の日曜日に行ってきました。

そのホテルに行ったことがなかった私たちは、恐る恐る中に入りました。

高級感あふれるホテルで、私達が来るところではないなって思ってしまいました。

高台に建っていたので眺めは最高でした。

しかし、料理の方は期待をして行った私たちは、メインの料理もなく、せっかく海の近くなのに魚料理も少なく、主人とガッカリしながら帰りました。残念!!

今度は出石グランドホテルのランチビュッフェに行こうと思います。

夏も終わり

このたびの「平成30年台風21号」および「平成30年北海道胆振東部地震」により、被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。皆さまの安全と被災地の一日も早い復興をお祈りいたします。

 

こんにちは、吉岡です。

2学期が始まってもう二週間になります。

今年の夏休みは毎日猛暑日で、35℃の日々でした。

孫たちの夏休みが来て、昼の食事や習い事に送り迎えの日々でした。

宿題が出来ず、最終日は親も子供も大変でした。

私も学校が始まってホッとしています。

KYOTO Design Lab テキスタイルサマースクール

こんにちは、小石原朱美です。

私の家では山にある藤のつるから繊維を取り出し、糸を作っています。

今日は24名の外国の学生さんたちが糸をつくっている工程などを見にこられました。

みなさん美男美女でとても素晴らしい人達でした。

工程の中で、糸車でする撚り掛けを二人の方にしていただきました。

とても上手にしておられました。

デザインスクールとして世界のトップ校であるRCA、セントマーチンズの学生及び講師陣がプロダクトデザインの視点から丹後織物の可能性を探る、サマースクールだそうです。

台風の中、おつかれさまでした。

こちらは幸いそれほどひどくないですが、いろいろと被害が出ているようで心配です。

皆さまのご無事を深くお祈り申し上げております。

熨斗入れ

こんにちは、中井です。

本日は、熨斗入れをしている吉岡さんをパチリと。

藤こきで不純物を除いた繊維を、米ぬかを溶かした湯にくぐらせて、竿に掛けて乾燥させる工程です。

今日も暑くなりましたが、柿の木の陰があったのでまだ良かったなぁと言いながら作業する吉岡さん。

 

藤こきをする川は神社のふもとにあり、その風景が大好きです。

この写真は、丹後のおとなり与謝野町でデザインスタジオを立ち上げられ、ライターとしてもご活躍中の原田美帆さんが撮影されたものです。

文章も写真もお人柄も、すべてがとっても素敵な原田さん。

丹後の魅力を紹介するWebサイト「THE TANGO」に遊絲舎の記事をかいてくださっています。

センスあふれるサイトです。

http://thetango.kyoto/luxury

 

帰省

こんにちは、小石原充保です。

今年のお盆も終わり、郷里へ帰る方もいたでしょうね。

今年は10年ぶり以上に会えた幼馴染みもいて嬉しかったです。やっぱいいもんですよね。

 

今日から出張へでるのですが、その前に、「藤の郷」で、藤伐りをして、藤へぎもしときました。

この時期になると水けがなくなってるせいか、はぎづらかったですがスタッフ一同黙々と頑張りましたよ。

何ヵ所か蚊にさされましたが…

 

今日から久々の熊本鶴屋さんへ伺います。

素敵なご縁ありますように。

川の拡張工事

こんにちは、小石原将夫です。

工房横の新庄川の拡張工事が昨年秋からはじまりました。

大きな重機で直径1メートル、深さ18メートル余りの大きな深い穴を掘り、土の中にセメントを混ぜ込み、堤防の土圧に耐えられる壁をつくるのだそうです。

連日の猛暑の中、大変な工事でした。

お盆も近づき、二十数人の技師の皆さんはホッとして帰られたことと思います。

今年の暑い夏のひとコマでした。

 

« Older Entries